ブックコンサルタントが送る2014年04月03日のノウハウ

2014.04.04 Friday

0
    12:01
    企画書でまず最初に書かなくてはならないのは「書名」ですが、最終決定権は出版社にあるので、そのまま決まることは少ないです。担当者が「面白そう」「読みたい」と思う書名を考えましょう。 http://t.co/XRzHab2NTt
    13:24
    【福井&京都遠征 第三弾!】出版実現セミナー in 京都 http://t.co/3DP1WpbdNU
    22:00
    出版するテーマを考える時、自分自身の経験や知識等を棚卸しして自分が書ける事を整理してみましょう。“モノ”ではなく“コト”に関する事を書き出して、その中から体系化された・体系化できるノウハウを抽出します。 http://t.co/MIBpgqL1DZ

    ブックコンサルタントが送る2014年04月02日のノウハウ

    2014.04.03 Thursday

    0
      12:01
      出版を目指すなら採用される出版企画書を作らなくてはなりません。出版企画書は教える人によって大きく異なります。全ては実績に基づく経験から推奨してる為、仕方ありません。つまり出版企画書に正解は無いのです。 http://t.co/3CJtihE4yG
      22:00
      書籍が発刊されると、多くの人がアマゾンのランキング上位を狙ってキャンペーンを企画します。著者としては、大手書店で上位を取ることが、その後のブランディングで大いに活きるという狙いがあるようです。 http://t.co/qNuQowQYB9

      ブックコンサルタントが送る2014年04月01日のノウハウ

      2014.04.02 Wednesday

      0
        12:00
        ネット媒体運営で得られるメリット2つ目は「出版実現のメリット」。編集者のアプローチを受ける可能性、著者の人間性が解る、今までの取組み・文章力が確認できる、ファンが既にいる、本を売る能力があるがあります。 http://t.co/k0cjGyQCHR
        13:07
        【福井&京都遠征 第二弾!】出版企画勉強会 in 福井 http://t.co/sFPKdhmwbb
        22:00
        基本的に私はブログの書籍化には否定的です。それは、ブログが記事が溜ったから書籍化できるわけではなく、書籍化するためのブログは入り口でしっかりと練らないと実現しづらいことを知っているからです。 http://t.co/57AKwe6avZ